喜多見農業公園といえば、大蔵大根を思い出す方も多いのでは?
実は大蔵大根は江戸東京野菜と呼ばれる、昔から地域で栽培されていた伝統野菜なんです。
今年度は一部区画※にて、他にも以下のようないろんな伝統野菜を栽培しています。
どなたでもご自由に見ていただけますので、
スーパーに並ぶ野菜と、どこが違うのか? ぜひ見比べてみてくださいね!

※栽培コーナーの場所は作付マップにてご確認ください。


◎こんな野菜です

大田区馬込地域で代々継承されている種子をまき、丹念に育苗された苗で栽培します。
通常は全体がミドリ色ですが、果実(可食部)の下半分程度が白くなる特徴があります。

◎オススメの食べ方

生で食べることも可能ですが、苦みを感じる人もいるので、漬物等に加工することで食べやすくなり、美味しくいただけます。

◎農家さんが苦労していること

①白い部分がすぐに黄色くなるので、収穫適期を逃さないように管理しています。
②病害に弱いため、こまめな観察と防除が必要です。
③1株あたりの収穫本数が少ないです。


◎こんな野菜です

見た目はウグイス色(黄緑色)で、通常のコマツナ(濃緑色)より淡い色です。
農業公園で栽培されているものは、東京中央農協が保有する「大平系」・「渡辺系」の種子を用いています。

◎オススメの食べ方

やわらかく、食感も良いです。おひたしやお味噌汁はもちろん、サラダにして食べるのもオススメです。

◎農家さんが苦労していること

①やわらかい半面、茎が折れやすいので、出荷のときに大切に扱わないといけません。
②病害に弱いため、こまめな観察と防除が必要です。